宅配で買取る場合

買取カメラを持っていける店舗が近くにない場合や、忙しくて店舗に足を運ぶ時間がない人にお勧めなのが、宅配で買取を依頼する方法です。次は宅配で買取を依頼する流れをご説明します。

まずは宅配買取や発送買取などを扱っている会社や業者を調べてみましょう。このサービスも店頭買取を実施している家電量販店では行っているところが多いです。会社を決めたら、電話やネットから申し込みをします。電話からしか申し込めないところもあります。中には買取ができないカメラもあるので、電話の場合は売るカメラについて使用状況や種類などを聞かれることもあります。申し込みが終えたら、カメラを梱包して買取会社に送ります。会社によっては梱包のダンボールなどを送ってくれるところもあるので、会社選びのポイントになるでしょう。カメラを送る際には、店頭の本人確認同様に運転免許証などの身分証明できるもののコピーを一緒に入れて送ることが指示されるのが一般的です。送られたカメラを査定してもらい、査定額が決まり次第連絡が来ます。その査定額で同意するのであれば、支払い方法として買取金額が指定した口座に振り込まれるケースが多いです。送る場合もカメラについてきた付属品は一緒に送ったほうが良いでしょう。

参考リンク⇒カメラ高く売れるドットコム

店頭で買取る場合

ここからはカメラを買取に出す方法についてご説明しましょう。買取方法にも、自分で店頭に持っていく方法と、ネットから買い取り査定を依頼する方法があります。まずは店頭へ持っていき買取ってもらう流れをご説明します。

買取店頭買取の場合、まずは近くで買取サービスを行っている店舗を探しましょう。大手の家電量販店などではこのようなサービスを行っている会社は多いです。店舗を決めたら、売りたいカメラを店舗に持っていき査定を依頼します。この際本人確認をされることが一般的ですので、運転免許証などの身分証明ができるものは忘れずに持ってましょう。その場で店舗のスタッフが買取査定を行います。査定の内容として、傷やへこみ、汚れがあるか、付属品があるか、正常に動くかどうかなどを見られます。カメラを買ったときについてきた付属品は一緒に持っていくことをお勧めします。それにより査定額も変わってきます。査定が終わり、査定額を出してもらいます。その値段で納得すれば、代金と引き換えにカメラを渡すことで買い取り完了です。買取業者の場合は事前にホームページから査定依頼を申し込むケースもあるため、買取業者のホームページはチェックしておきましょう。しかし、最寄に店頭買取を行っていなければ、宅配買取の方法もあります。次の頁で紹介します。

カメラを買い換えるなら

カメラ思い出や記念を形に残せるカメラ。写真を撮るのが趣味ではなくても、コンパクトなデジタルカメラなら持っている方は多いのではないでしょうか。しかし家電量販店に行けば常に最新のカメラが並び、ついつい目移りしてしまいます。今あるカメラが使えるし、新しいカメラを買うお金もない。そんな時はカメラを売って買い換えるという選択肢もあります。

デジタルカメラにもコンパクトデジタルカメラやミラーレス一眼、デジタル一眼レフカメラなど種類があります。カメラを買い取りに出す場合、カメラの種類によっても買取価格の差が出ます。元の値段が安価なコンパクトデジタルカメラやミラーレス一眼は買取価格も比較的安くなりがちですが、それに比べてデジタル一眼レフは高額で買い取ってもらえることもあります。カメラを高額で買取ってもらうポイントは保存状態の良さです。少しでも高く査定してもらうためには、大切に使いきちんと掃除などして保管することをお勧めします。また最新のものほど買取額は高いので、買い替えを決断している際はお持ちのカメラをすぐにでも査定に出したほうがいいでしょう。カメラは常に進化を遂げ高性能高画質なものがどんどん出てきます。そのため手に持っているものはすぐに古くなってしまいます。ちなみにカメラを売る方法として買取(店頭宅配)と下取りがありますが、下取りとは新たなカメラを買うことで古いものを買取ってもらうことです。買取とはカメラの購入に関係なく中古販売する目的で買取るので、新しいカメラの購入を決めている方には下取りもお勧めです。